腰痛に良い対策ってありますか?

実は、通常の布団では寝返りだけでも肩や腰に負担がかっています。

 

腰痛対策や肩こりでお困りの方に「雲のやすらぎ」は、評価が高く人気があります。

 

なぜ、寝るだけで肩こりや腰痛に良いのでしょうか。

 

というより、従来の敷布団が悪いために腰痛や肩こりを悪化させている面があります。

 

私たちは1日7時間から8時間ほど敷布団の上で寝ています。しかも毎日です。

 

寝る時間はかなりの長時間だということです。これだけの長時間寝ていると皮膚は強く押しつぶされます。当然敷布団に接する側の血流やリンパの流れは悪くなります。

 

朝から疲れているこことありませんか?

腰痛に良い対策ってありますか?
寝ているのに朝起きると、さっそく疲れているということはありませんか。これは、栄養や老廃物などを運ぶ血流やリンパがスムーズに流れないことにより逆に疲れを溜め込んでいるのです。

 

では、どうすれば血流やリンパの流れがスムーズに流れるのでしょうか。それは寝返りです。1日7,8時間の睡眠中に何度も自然に寝返りをして人は体の疲れを取り除くのです。

 

つまり、寝返りがスムーズににできる敷布団が腰痛や肩こり、また、疲れをとるのに適して布団なのです。

 

スムーズな寝返りを打つためには、沈み込みすぎる布団は適していません。また、硬すぎても身体に良くありません。つまり、柔らかすぎず硬すぎない敷布団が良いのです。

 

そこで丁度良い敷布団として人気なのが「雲のやすらぎ」なのです。

 

「雲のやすらぎ」は、耐圧を分散するクロスクラウド製法という特殊な製法を採用しています。

 

また、リバーシブルになっており、冬は暖かく、夏は涼しい敷布団で、さらにダニアレルギー対策もされているスーパー敷布団なのです。

 

 

普通の敷布団と何がちがうのか?

 

1.クロスクラウド製法
「雲のやすらぎ」は、敷布団の中の構造が普通の敷布団と全然違う構造をしています。頭や肩、腰などの重さを均等に体圧を分散するクロスクラウド製法を採用しています。

 

2.業界最大級の厚さ
普通は10pや12pなどが一般的ですが、「雲のやすらぎ」は、厚さ17pの極厚のふかふか敷布団です。

 

3.保温性と通気性
保温性と通気性抜群です。2層目、4層目にある凸凹構造のアルファマットで空気の出入りがスムーズなだけではなく、保温性にも優れています。

 

雲のやすらぎ」は、腰痛対策や肩こり対策におすすめの敷布団です。

 

 

寝ている時の腰痛対策って重要です。

 

あなたは1日何時間寝ていますか?

 

人に必要な睡眠時間は、7時間から8時間といわれています。1日24時間の中で、7,8時間とは約3分の1。

 

かなり長いです。

 

そして寝るのは毎日の事。

 

どんな敷布団で寝るかだけで大きな違いが生まれると思いませんか?