腰の治療

腰の痛みを早く治したいなら、焦ってはいけません。

 

え。でも痛いんですけど。

 

そんな声が聞こえてきそうですが、腰痛の原因はさまざまです。

 

当然ですが、腰治療をする場合は、その原因に応じた方法を行わなければ、逆に腰を悪化させてしまうことになります。

 

焦って判断を間違えた治療をしてよけいに悪くなってはいけないのです。

 

例えば、まれにある内臓疾患による腰痛には、以下の内容により引き起こされることがあります。

 

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎臓、膀胱、精巣、卵巣、子宮、便秘

 

この内蔵疾患による腰痛の場合は、発熱をともなったり、安静にしていても痛むことがあります。内臓疾患が原因の腰痛の可能性が考えられる場合、ストレッチやマッサージなどでは根本的な腰治療とはならないので、至急、専門医に診てもらいましょう。

 

 

お年寄りに多い腰痛は?

腰の治療 | 早く治したいならどうすれば?
お年寄りに多い腰痛は、骨粗しょう症(骨密度の低下)による腰痛です。

 

この骨粗しょう症による腰痛の場合は、ストレッチだけで完治することは難しく、カルシウムなどを摂取し骨を強化する必要がありますので、積極的にカルシュウムを取るようにしましょう。

 

 

最近増加している腰痛は?

 

最近ではパソコンで仕事をする方が増えているため、長時間のデスクワークによる腰痛患者が増えています。実は、椅子に座る姿勢は、意外にも腰に負担が大きく、立っている時のなんと1.5倍なのです。

 

 

なぜ腰痛を甘く見てはいけないのか?

 

腰痛を放置しておくとどうなるのでしょうか。気になりますよね。では以下に挙げてみます。

 

@ 脊髄を圧迫し、腰部脊柱管狭窄になる。
A 歩行能力が著しく低下する。
B 家に閉じこもりがちになり運動不足になる。
C 筋力や関節の衰える。
D 胃腸の機能が低下してくる。
E 他の病気にかかりやすくなる。

 

つまり、腰痛が腰痛だけに終わらずに、他の重い病気のきっかけとなりえるのです。

 

ただ、現実は、通院しても根本的に治してくれる所はなかなか見つからない。これが実情です。

 

私は、このような状況に危機を感じ、腰の治療方法を徹底的に調べました。
そして、実際に得た情報により腰痛が激的に改善することができ、通院が不要になっています。当サイトではその対処法をご紹介します。

 

紹介する腰治療法は、私が購入した数多くの情報から厳選した方法を、ランキング形式にしております。ランキングは1位から実践しやすく、適応症状が多く効果的な方法になっております。このランキングを参考にして頂き、痛みのない毎日を送ってください。

 

 

腰痛を治す方法

 

腰痛を治す方法の前に、腰痛に効果的な敷布団をご紹介します。腰痛を治す前に、腰痛をそれ以上悪化させなりためには敷布団はとても重要だからです。その敷布団とは、腰痛の人のためにつくられたような敷布団です。詳しくはコチラをクリック→雲のやすらぎ敷布団

 

さて、日本は、男性が自覚症状として選ぶ1位は腰痛、女性は2位が腰痛となるほどの腰痛大国です。そのため腰痛の先生も日本には数多くいらっしゃいます。

 

しかし、残念なことに腰痛の名医と呼ばれる先生は極少数です。

 

また、一般的に出回っている腰痛症状改善法などの中には、腰治療になるどころか腰痛が悪化してしまうものもあるのです。

 

ではどうすれば良いのでしょうか?

 

それは、腰痛が再発しないために、名医と呼ばれる先生の腰痛改善法を学ぶことです。

 

学んだ先には、腰痛のない快適な生活と、腰痛を解消する知識があなたに残るのです。

 

あなたは今後、地元の先生の教える改善方法と、名医と言われる先生の改善方法、どちらの腰痛改善方法を実践しますか?